運動で体重が増えるのは筋肉のせい?体脂肪率を計ることが大事?

体重と体脂肪率のバランス

投稿日:

この記事の所要時間: 54

最近頑張って運動をしているのに、筋肉サプリを飲んでもいるのに、体重が減らない、むしろ増えた。そんな悩みを抱えてはいませんか?実はそれにはちゃんとした理由があるのです。

「運動してるのに体重が減らない」
「なぜか体重が増えてしまった」

そんな方々に向け、この記事では運動をしているのに体重が減らない。増える理由やダイエット等に最適な体重計についてお話ししたいと思います。

運動をしているのに体重が増えるのはなぜ?

体重と体脂肪
運動をしているのに体重が減らない、むしろ増えてしまう理由は、筋肉が脂肪よりも重いからです。

ダイエットをしている人は、有酸素運動と併せて、筋トレをすることと思います。また、有酸素運動も、長く続ければ足や腕なんかに筋肉がついてくるものです。

そうすると、ダイエット前に比べ脂肪が減少していることは間違いないものの、筋肉量が増えたため、むしろ体重が増えるということが起こってしまうんですね。

これはもちろん一時的なことであり、体の脂肪がそぎ落とされれば、ダイエット前よりも体重は軽くなるはずです。

しかしその一瞬の体重の増加によって、ダイエットの仕方が正しいのかどうか、不安になってしまう方も多いでしょう。

中には、体重がどんどん落ちていくのがはっきりと確認できる糖質制限ダイエットに走ってしまう方もいるのではないかと思います。

確かに糖質制限ダイエットは、筋肉をつけずに体の脂肪を落とすことができるため、体重が増えるということはありませんが、代わりにリバウンドしやすい体になってしまうため、危険です。

リバウンドしやすい体になるのが嫌であれば、ちょっとの間体重が増えることがあっても、運動によるダイエットを続けていくべきなんですね。

ちなみに、ダイエット中には体重計に乗らないことをすすめる人がいますが、それは上述のように、体重が増えてしまうことがあるからです。

これはダイエットをする人の心理をよく捉えた、適切なアドバイスだといえるでしょう。

注目すべきは体脂肪率

ダイエット中に注目すべきは、体全体の重さではなく、体脂肪率なのです。もし仮に、筋トレの影響で体重が増えてしまった場合、逆に体脂肪率は減っているはずです。

この体脂肪率を減らすことこそが、ダイエットの真の目的です。体脂肪率を減らすことで、最終的にはダイエット前よりも体重が減り、全体的に引き締まった理想的な体を手に入れられるはずです。

だとすれば、もしあなたが体脂肪率に注目してダイエットを進められるならば、体重計に乗っても構わないということになります。

体重計に乗るなというのは、この辺りの説明を省いた助言なんですね。しかしひとくちに体重計といっても、それこそ体重を計る機能しか有していないものもあります。

ダイエットや筋トレのお供として役立つのは、体重や体脂肪率はもちろん、体水分率や筋肉量、推定骨量、基礎代謝量などを計ることのできる「体重体組成計」なんですね。

運動をする人はただの体重計ではなく、この体重体組成計を使用するべきなのです。

ダイエットを強力サポート!体重体組成計とは?

体重体組成計
体重とは体の重さのことです。それでは体組成とは何かというと、筋肉や脂肪、骨などといった人体組織のことです。

その体組成の重さや密度などを計ることができるのが、体重体組成計なんですね。体重計よりも精密で高性能であるとお考えいただければよいでしょう。

「家にそういえば体脂肪率を計れる体重計があったような……」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、それがまさに体重体組成計なのです。

日々体脂肪率をチェック

ダイエット中にはこの体重体組成計を使って、自分の体脂肪率を逐一チェックするとよいでしょう。

運動を始めてからしばらくしないと効果は見えてきませんが、サボらずに続けていれば、少しずつ体脂肪率は減っていくはずです。その途中で体重が増えてしまうことはあるかもしれませんが、それは筋肉量が増えた証ですので、気にせず運動を続けましょう。

自分の体から1%、また1%と体脂肪が減っていくのを見るのは楽しいですし、それはモチベーションの維持に繋がるはずです。

おすすめの体重体組成計は?

おすすめの体重体組成計は、安さを第一に考えるのであれば、タニタ 体組成計 BC-758、あるいはパナソニック 体組成バランス計 EW-FA23がおすすめです。

価格はタニタが3,681円、パナソニックが2,650円となっています。驚くほど安いですよね。安物はダメなんじゃないの、と思う方もいらっしゃるでしょうが、そんなことはありません。

搭載機能を必要最低限にしたシンプルな造りであるから、この価格なのです。私は一般家庭であればこのタニタかパナソニックのどちらかで充分だと思います。

もしあなたが、多少高くても「高機能」で「精度の高い計測」をしてくれる体重体組成計を求めるのであれば、オムロン 体重体組成計 カラダスキャン HBF-254C(9,690円)やタニタ 体組成計 インナースキャンデュアル RD-901(11,214円)がおすすめです。

特に後者は50g単位で精度の高い計測をしてくれますので、より詳細に自分の体について知りたい人にはおすすめです。アスリートを目指している方などには、これらの高性能な体重体組成計がおすすめですね。

おすすめの体重計ピックアップ→kaumo.jp/topic/60908

体重と体脂肪率まとめ

以上、ダイエット中に体重が増えてしまう原因と、体の体脂肪率等を詳細に教えてくれる体重体組成計についてお話しいたしました。

もちろんこれらが無くてもダイエットは可能ですが、ちょっとでもいいから筋トレやダイエットの効果を見たいという方は、体重体組成計を購入されるとよいでしょう。

価格重視か、それとも機能重視か。その製品の機能や価格などをしっかりと確認し、他と比較したうえでご購入なさってください。

-体重と体脂肪率のバランス

Copyright© 筋肉サプリ比較.jp , 2017 AllRights Reserved.