中高年向け筋肉サプリ!国産「小林HMBタブレット」の働きや価格まとめ

筋肉サプリ人気商品

投稿日:2018年1月30日 更新日:

最近階段を上るのが辛い
体が疲れやすい
重いものを運ぶのが大変

そんなお悩みを抱えている中高年の皆さんに紹介したいのが、筋肉の分解抑制などをサポートしてくれるHMBサプリメント。体の元気を取り戻すのにすごくいいんです。

そこで当記事では、HMBカルシウムの国内唯一のメーカーであるキューサイ「小林HMBタブレット」をご紹介いたします。

「小林HMBタブレット」の配合成分や、その働きとは?

キューサイ 小林HMBタブレット
まずはこのサプリメントの原材料をチェックしましょう。

カルシウム ビス-3-ヒドロキシ-3-メチルブチレートモノハイドレート(HMBカルシウム)/結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、ヒドロキシプロピルセルロース

メインの成分は「カルシウム ビス-3-ヒドロキシ-3-メチルブチレートモノハイドレート」ですね。

これは「筋肉サプリ」と呼ばれる体作りサポートサプリメントに含まれる「HMBCa」のことです。

それではこのHMBにはどのようなもので、どのような働きを持つのでしょうか?次項で少し詳しく見てみましょう。

HMBとは何か

HMBとは
そもそもHMBとは何かというと、必須アミノ酸の一種である「ロイシン」の代謝物です。つまりロイシンを摂ると、これが体内でHMBに変換されるということですね。

ロイシンは従来の筋肉サプリに含まれる「BCAA」の構成要素です。バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸をセットで「BCAA」と呼び、これが筋肉の維持、増強をサポートする働きを有することから、多くの筋肉サプリに配合されてきました。

HMBサプリは、いわばBCAAサプリをさらに一歩進めたものだといえるでしょう。

ロイシンは体内に入るとHMBに変換されますが、その量はもとのロイシンの量のわずか5%なのです。だったらHMBを直接摂ったほうが効率的だろう、ということですね。

実際、HMBに筋肉の維持や増強をサポートする働きがあることは、あらゆる試験で明らかとなっております。

ちなみに、HMBサプリとプロテインだとどちらが良いのかというと、これはちょっと難しいのですが、HMBのパワーを体感したいという方はHMBサプリのほうが良いです。

プロテインを飲めばロイシンを摂ることができますが、そのロイシンの総量の5%しかHMBにならないわけですから、HMBを摂るという観点から言えば、非効率的です。

小林HMBタブレットのHMB配合量は他社と比べて多い?

HMBの1日の摂取目安量は、大体1~3gとされています。摂りすぎもよくないので、HMBは1日3g(3,000㎎)を上限として摂取するとお考えください。

では小林HMBタブレットのHMB配合量はどれくらいなのか。これは1日分6粒当たり1,200㎎です。あれ、意外と少ないなと思われましたか?

たしかに、筋肉サプリの広告にはHMBCa 1,500㎎配合だとか、2,000㎎配合だとか書いてありますよね。それからすると小林HMBタブレットのHMB配合量は少ないように思われます。

しかし、注意して見てください。筋肉サプリのHMBの表記は、ほとんどの場合「HMBCa」となっているのではないでしょうか。

これはHMBをカルシウムと合体させたものでありまして、その量を示すときには当然カルシウムの量も合算されます。HMBCa 2,000㎎配合といっても、HMBが2,000㎎配合されているわけではないんですね。

それではHMBCaにHMBはどれくらい含まれているのでしょうか?あくまで一般的にですが、総量の80%程度です。したがってHMBCa 2,000㎎と書いてあったら、HMB総量は1,600㎎程度だと考えてください。

小林HMBタブレットにはHMB(カルシウムを含まない純HMB)が1,200㎎配合されており、これを見ると他社と比べてそこまで少ないわけではないと言えるでしょう。

そのHMB配合量は「HMBCa 1,500㎎配合!」などと宣伝されているサプリと同じくらいです。

1日1,200㎎で足りるの?

プロのスポーツ選手が体作りを目的としてHMBサプリを飲むのであれば、1,200㎎という量は少ないと考えられます。

しかし不自由のない日常生活を送ることを目指すのをサポートしてもらうということなら、1,200㎎でも十分ではないかと思います。

もし何も変化を感じられないようでしたら、1日3,000㎎を上限として、飲む量を増やしてみるのもよいでしょう。

ただし、筋肉サプリは飲めば勝手に筋肉がつくというものではありません。パワーを最大限引き出すには、適度な運動を心掛けることが必要です。

サプリを飲みつつ、軽くスクワットをしてみたり、ウォーキングしてみたりと、可能な範囲で運動をしてみてください。

小林HMBタブレットの価格や支払い方法は?

小林HMB 価格
小林HMBタブレットの通常価格は、180粒入り1ヶ月分1箱が税込6,210円です。定期購入なら10%OFFとなり、税込5,589円です。

送料は全国一律500円とされていますが、税込5,100円以上の購入で無料となるため、単品購入あるいは定期であっても、小林HMBタブレットの購入に送料は掛かりません。

この1ヶ月分6,210円という価格は、従来のHMBサプリからするとちょっと「お高め」です。

しかしキューサイの公式HPから定期購入をすれば、その他の商品も10%OFFとなりますので、同社をよく利用する人からすると、そう高いものではないでしょう。

また、このサプリメントは明らかに中高年の方々をターゲットにして作られており、粒を小さくするなどの配慮がなされていますから、それ込みで考えると、6,210円というのはやはり価値に見合った価格ではないかと思います。

支払方法について

支払い方法は、コンビニ、郵便振替、クレジットカード、代金引換、口座引き落としのいずれかとなります。

コンビニ、郵便振替は「キューサイを初めて利用する人」「購入金額が20,000円を超える場合」は利用することができません。

また、口座引き落としの利用には事前のお手続きが必要となります。詳しくはキューサイの小林HMBタブレット販売ページをご覧ください。

キューサイの小林HMBタブレット詳細まとめ

キューサイの小林HMBタブレット詳細まとめ
以上、小林HMBタブレットについてご紹介いたしました。

今話題の筋肉成分、HMB。それが手軽に摂れる国内メーカーサプリ、小林HMBタブレット。非常に魅力的な商品ですね。

価格は6,210円とやや高めですが、定期購入をすれば安くなりますし、その他特典もあります。

これを機にみなさんもHMBサプリを始めてみてはいかがでしょうか。

筋肉サプリランキング2018へ戻る

-筋肉サプリ人気商品

Copyright© 【筋肉サプリ比較.jp】筋肉を付けるHMBサプリおすすめランキング2018 , 2018 AllRights Reserved.